ブラック企業対策ガイド

ブラック企業に負けない社会を作るための情報提供サイト

急なシフト変更をするブラックバイトは労働基準法違反

作成日:
カテゴリー: ブラックバイト

ブラックバイトでは劣悪な職場環境なのでいつも人手不足。そのためブラックバイトでよく起こるのが急なシフト変更です。

急なシフト変更をするブラックバイトは労働基準法違反

シフト制や勤務シフトという言葉は一般的であり、1か月などの勤務シフトを作成しているバイト先は多くあります。

実はシフト制という言葉は法律上なく、正しくは労働基準法による変形労働時間制度というものです。

変形労働時間制度の期間が1か月であれば「1か月単位の変形労働時間制」、1年であれば「1か月単位の変形労働時間制」というのが正式な名称になります。

そして、この変形労働時間制度の重要な点が、

  • 急なシフト変更を認めていない

ということです。変形労働時間制を用いてシフトを組んでいながら、会社が勝手にシフト変更を行っているなら労働基準法違反になります

急なシフト変更が労働基準法違反に該当しない場合

当然、バイトがシフト変更に同意した場合は、労働基準法違反にはなりません。

つまり、会社が急なシフト変更をするためには、会社はバイトに「お願い」して同意を得る必要があります。

また、ブラックバイトのよくある事例で「シフト変更に応じない場合は罰金」というものがありますが、当然労働基準法違反になります。

しかも、2つの労働基準法違反。1つは急なシフトの変更、もう1つは違法な罰金です。会社が罰金制度を設定することは可能ですが、罰金制度を設定するためには合理的な理由による就業規則への定めが必要です。

急なシフト変更という違法行為を断って罰金を取るなんてことは言語道断です。明確な労働基準法違反なので、すぐに近くの労働基準監督署に相談しましょう

参考:ブラックバイトの定義と15の特徴:具体的な対策と相談先

ブラック企業からの簡単な脱出方法とは?

ブラック企業のような違法な会社を許せない気持ちはわかります。私もそうでした。しかし、まずはブラック企業からすぐに脱出すべきです。

ブラック企業は人を使い捨てにします。精神的・肉体的にあなたを追い込んでいきます。うつになってしまったら正常な判断ができなくなります。だから怖いのです。

そしてブラック企業は捕まえた労働者を簡単には手放しません。「辞めるならお金を払え」「損害賠償しないと辞めることはできない」、これは違法行為ですがそもそも普段から違法行為を行っているのがブラック企業です。

トラブルの多い退職はプロにお願いしましょう。

退職代行サービスの「退職コンシェルジュ」なら、弁護士が監修しているサービスで、そしてメールによる無料相談もあります。

あなたは事前準備の必要もなく、ただ連絡するだけです。プロに頼めば、上司に怒鳴られるなんてこともなく安心して次の転職に臨むことができます!

企業を見分ける方法、そしてあなたの真の価値を知るためには?

本サイトではブラック企業の特徴・見分け方を紹介していますが、最後はあなた自身で判断するしかありません。

また、今すぐ転職したいという人でなくても、アンテナは常に張っておくべきです。

転職には時間がかかりますし、そもそも自分の市場価値がどのくらいなのかを客観的に知ることも重要です。

17万人の転職データから、あなたの市場価値を測定してくれるのがMIIDAS(ミイダス)です。

MIIDASを利用すれば、あなたと同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができます。そして、2000以上の求人中の会社から、あなたにオファーが届きます。

こちらも登録は無料です。転職を考えていなくても、まずはあなた自身の価値を客観的に知ってみませんか?

市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!