ブラック企業大賞の歴代受賞企業(まとめ)

ブラック企業を社会から撲滅するために大事なことは、ブラック企業と名指しされた企業を忘れないことです。

スポンサーリンク

ブラック企業大賞とは

ブラック企業大賞という表彰が毎年年末に行われています。

ブラック企業大賞とは、ブラック企業による被害をなくすために、人権侵害的な労働環境をつくっている企業をノミネート・表彰しているという目的を掲げ、2012年から有識者により行われているものです。

ただ、一時期のようにあまり大きな話題になっていない印象があります。

まあ、企業の広告費で成り立っているようなマスメディアが積極的に報道しないという事情もあるのでしょう。

特にブラック企業大賞2016の受賞企業には、天下の「電通」も入っていましたし。

さらに、企業の広告費と無関係ということもあって、これまで積極的にブラック企業問題を報道していたNHK自身が2017年に受賞したことで、沈黙を守っています。

メディアは日頃から説明責任を果たせと国や企業に追求しているわけですが、自らの説明責任は果たす気がないようです。他人に厳しく、自分に甘い姿勢には呆れるばかりです。

ブラック企業大賞の歴代の受賞企業をチェックし続ける

日本人は熱しやすく冷めやすいと言われます。

  • ほとぼりが冷めるまで大人しくしておけばいい
  • どうせ一時期ネット上で騒がれていてもすぐにみんな忘れるよ

こんなブラック企業を許してはいけません。

我々市民にできることは限られています。ただ、ずっと忘れず、定期的にチェックすることはできます。

大事なことはブラック企業大賞の受賞企業を忘れないこと、そして定期的にチェックし続けることです。そのため、ブラック企業大賞の過去の受賞企業を一覧にまとめることにしました。

ブラック企業大賞2017の受賞企業

  1. ブラック企業大賞: 株式会社引越社・株式会社引越社関東・株式会社引越社関西
  2. 特別賞:大成建設株式会社・三信建設工業株式会社
  3. 業界賞:新潟市民病院
  4. ブラック研修賞:ゼリア新薬工業株式会社
  5. ウェブ投票賞:日本放送協会(NHK)

以下のページでは受賞企業の選考理由が示されています。

企業の内実がリアルにわかる表彰理由となっているため、もしこれらの企業に入社する、または働いているといった状況であれば読んでおく価値はあります。

参考:第6回ブラック企業大賞2017 大賞・各賞発表いたしました

今回、大賞を受賞した「株式会社引越社・株式会社引越社関東・株式会社引越社関西」というのは、アリさんマークの引越の会社です。

2年前の2015年にもブラック企業として受賞をしているわけですが、まあ懲りない会社です。

テレビの撮影に対して「なんやワレェ」と怒号を浴びせて、ヤクザみたいとネットで炎上した副社長がいる会社と言ったら思い出す方もいるかもしれません。

今回の受賞理由にも書かれていますが、その副社長は「ブラック企業大賞をエサに企業恐喝まがいの行為をし、金銭を要求することが真の目的なのかもしれない」とウェブ媒体で言っているそうです・・・

恫喝したり、恐喝まがいだと言ったり、一般の人はなかなか普段使わない言葉を使うあたり、やはり怖い会社です。ウェブサイトを見ると採用募集をしていますが、絶対に入社してはいけない会社ですね。普段の会話で「なんやワレェ」と言える方は快適な環境かもしれません。

また、惜しくも(?)受賞を逃したノミネート企業はこちら。もちろん受賞していないといっても問題がかなりある企業であり、少なくとも入社すべきではない企業です。

  1. 株式会社いなげや
  2. パナソニック株式会社
  3. 大和ハウス工業株式会社
  4. ヤマト運輸株式会社

参考:ノミネート企業の一覧・理由

ブラック企業大賞2016の受賞企業

  1. 大賞:株式会社 電通
  2. 業界賞:ディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業)
  3. 業界賞:株式会社プリントパック
  4. ブラックバイト賞:DWE JAPAN株式会社(「しゃぶしゃぶ温野菜」FC企業)
  5. 特別賞:日本郵便株式会社
  6. ウェブ投票賞:日本郵便株式会社

以下のページでは受賞企業の選考理由が示されています。

企業の内実がリアルにわかる表彰理由となっているため、もしこれらの企業に入社する、または働いているといった状況であれば読んでおく価値はあります。

参考:ブラック企業大賞2016 受賞企業決定いたしました

また、惜しくも(?)受賞を逃したノミネート企業はこちら。もちろん受賞していないといっても問題がかなりある企業であり、少なくとも入社すべきではない企業です。

  1. 株式会社エイジス
  2. 株式会社ドン・キホーテ
  3. 関西電力株式会社
  4. 佐川急便株式会社
  5. サトレストランシステムズ株式会社
  6. 宗教法人 仁和寺

参考:ノミネート企業&選定理由

ブラック企業大賞2015の受賞企業

  1. ブラック企業大賞:株式会社セブンイレブンジャパン
  2. WEB投票賞:株式会社引越社関東(アリさんマークの引越社)
  3. ブラックバイト賞:株式会社明光ネットワークジャパン(明光義塾)
  4. 特別賞:暁産業株式会社
  5. アリ得ないで賞:株式会社引越社関東(アリさんマークの引越社)

株式会社引越社関東(アリさんマークの引越社)といえば、副社長がテレビの撮影に対して「なんやワレェ」と怒号を浴びせて、ヤクザみたいとネットで炎上した企業です。

一日中立ちっぱなしの「シュレッダー係」という仕事を命じたり、懲戒解雇処分の書面に、顔写真付きで「罪状」と書いて掲示していた企業です。明るいCMを見るたびに、あの怒号を思い出します。

今でも平気でウェブサイトに「オープニングスタッフ大量大募集」とありますが、シュレッダー係をしたくなければ、間違っても入社してはいけません。

ちなみに、この年にブラックバイト問題が社会的にクローズアップされ、ブラックバイト賞が創設されました。

ブラックバイトの特徴やその対処法については以下の記事解説しています。

学生やフリーターの弱い立場につけこみ社員並みの責任を押し付けノルマまで課すブラックバイトの問題が急増しています。ブラックバイトのよくある15の特徴とその対策・相談先を紹介します。

惜しくも(?)受賞を逃したノミネート企業はこちら。もちろん受賞していないといっても問題がかなりある企業であり、少なくとも入社すべきではない企業です。

  1. 株式会社フジオフードシステム
  2. 株式会社エービーシー・マート

参考:ノミネート企業の一覧・理由

ブラック企業大賞2014の受賞企業

  1. ブラック企業大賞:株式会社ヤマダ電機
  2. WEB投票賞:株式会社ヤマダ電機
  3. 業界賞
    • 【アニメ業界】株式会社 A-1 Pictures
    • 【エステ業界】株式会社 不二ビューティ(たかの友梨ビューティクリニック)
  4. 特別賞:東京都議会
  5. 要努力賞:株式会社ゼンショーホールディングス(すき家)

株式会社ゼンショーホールディングス(すき家)は2012年に続いての2度目の受賞。有名になった「ワンオペ」という言葉を作った企業ですね。すき家の従業員がかわいそう・・・

また、惜しくも(?)受賞を逃したノミネート企業はこちら。もちろん受賞していないといっても問題がかなりある企業であり、少なくとも入社すべきではない企業です。

  1. 株式会社 大庄(居酒屋チェーン「日本海庄や」)
  2. JR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)
  3. 株式会社 A-1 Pictures
  4. タマホーム株式会社
  5. 株式会社リコー
  6. 株式会社 秋田書店
  7. 学校法人 智香寺学園 正智深谷高等学校 & 株式会社 イスト

参考:ノミネート企業の一覧・理由

ブラック企業大賞2013の受賞企業

  1. 大賞・一般投票賞:ワタミフードサービス株式会社
  2. 業界賞・アパレル業界:クロスカンパニー株式会社
  3. 特別賞:国立大学法人 東北大学
  4. 教育的指導賞:株式会社ベネッセコーポレーション

惜しくも(?)受賞を逃したノミネート企業はこちら。もちろん受賞していないといっても問題がかなりある企業であり、少なくとも入社すべきではない企業です。

  1. 株式会社 サン・チャレンジ(ステーキのくいしんぼ)
  2. 株式会社 王将フードサービス(餃子の王将)
  3. 西濃運輸株式会社
  4. 株式会社 東急ハンズ

参考:ノミネート企業の一覧・理由

離職率No1の飲食業はやはりブラック業種だった

この年の見どころとしては、やはりワタミの2年連続の受賞でしょう。さすがブラック企業の代表、ブラック企業といえばワタミ、ワタミといえばブラック企業、とも言える企業です。

ちなみに「この記事」によると、よほどワタミという名称のブラックイメージに困ったのでしょう。

なんと、ワタミグループの全27ブランド中、22ブランドが店名に「ワタミ」というワードを外すという「ワタミ隠し」を行って業績が回復しているようです。

姑息な手法を行う悪知恵はさすがです。勤務環境は改善されているのでしょうか? 名前を変えただけで改善がないのであれば、消費者をバカにしすぎですね。

しかし、ノミネート企業も入れると、飲食業は、ワタミ、株式会社サン・チャレンジ(ステーキのくいしんぼ)、株式会社王将フードサービス(餃子の王将)の3つ、昨年もワタミ、株式会社ゼンショー(すき家)、株式会社すかいらーくの3つ、この2年で6つの企業が受賞しており、最悪の業種です。

さすが業種別の離職率がNo1です。新卒の2人に1人が3年以内に離職しているわけで、飲食業=ブラック業種というイメージは間違いありません。

ブラック企業の大きな特徴の1つが離職率の高さです。離職率の高い業種とブラック企業が多い業種は本当に一致していることがよくわかります。

ブラック企業大賞2012の受賞企業

  1. 大賞:東京電力 株式会社
  2. 市民賞:株式会社 ワタミ
  3. 特別賞:株式会社 ウェザーニューズ
  4. ありえないで賞:株式会社 ゼンショー
  5. 業界賞:SE業界
    • 株式会社 フォーカスシステムズ
    • 株式会社 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

惜しくも(?)受賞を逃したノミネート企業はこちら。もちろん受賞していないといっても問題がかなりある企業であり、少なくとも入社すべきではない企業です。

  1. SHOP99(現ローソンストア100)(株式会社 九九プラス)
  2. 株式会社 すかいらーく
  3. 有限会社 陸援隊 および 株式会社 ハーヴェスト・ホールディングス
  4. 株式会社 丸八真綿

参考:ノミネート企業の一覧・理由

あなたの会社はブラック企業ではありませんか?

ブラック企業大賞のまとめを見て「私の会社は入っていない・・・」と思ったかもしれません。

以下の記事ではブラック企業の定義・特徴をまとめています。もしあなたの会社がこれらの特徴の多くに当てはまるのであれば、メンタルをやられる前にさっさと逃げましょう。

悔しいかもしれませんが「逃げるが勝ち」です。

ブラック企業の定義、ブラック企業に共通する10の特徴を明らかにします。

ブラック企業に入社しないために正しいクチコミ・評判をチェックする!

ブラック企業は人を使い捨てにします。精神的・肉体的にあなたを追い込んでいきます。うつになってしまったら正常な判断はできなくなります。

まず事前の情報収集、その中で最も大事なのが企業のクチコミのチェックです。

昔は実際に入社しなければわからなかったことが、今の時代、実際に働いている人や過去に働いていた人のクチコミ・評判、さらには年収まで、しかも無料で調べることができます

とはいっても、インターネット上には誤った情報もたくさんあります。正しい情報が掲載されているサイト、例えば10万件の企業のクチコミ情報を企業別に掲載しているキャリコネ転職サービスは信頼できる情報が掲載されています。

登録が面倒? それは違います。登録制にすることで情報の信頼性を高めているわけです。

また、今すぐ転職したいという人でなくても、

  • 今の仕事・給料で良いのか?
  • 安くこき使われていないか?
  • 同業他社の給料はどうだろう?
  • 同業他社の方が給料は高いかも?

といったアンテナを常に張っておくべきです。

あなたがパートやバイトの場合でも同じです。ブラック企業はパートやバイトにもブラックな働き方を強制します。

月給が1万円上がれば年間12万円も収入が増えます。あなたが物を安く買いたいと思うように、会社はあなたの人件費を少しでも安くしようと考えています

幸い、今は人手不足です。人手不足で倒産する会社さえある状況です。給料を上げている会社は多く存在します。

行動しなければ何も変わりません。何より登録は無料です。まずは自社の待遇・他社の待遇、クチコミ、年収情報を調べることから行動しましょう。

キャリコネ転職サービス

女性専用の転職サイトを利用する

一般的な転職サイトでは未だに男性を優先して給料の高い紹介をするところもあります。

ただ、今は法律もあって求人に明確に男性のみ募集・女性のみ募集のように書くことはできませんが、本当は女性が欲しいと思っている会社は意外とたくさんあります

私も元々は友人から教えてもらったのですが、もしあなたが女性なら一般的な転職サイトで男性と競争するのではなく、女性に特化したコンシェルジュが応募書類の添削から面接対応までサポートしてくれる女性の転職・求人サイト「ランウェイ」の利用をお勧めします。

  • 完全女性向けの求人情報
  • 利用/相談は完全無料、相談だけの利用もOK
  • 就業経験が全くのゼロの方でもOK
  • 女性に特化したコンシェルジュが相談に対応
  • 応募書類の添削から面接対応までの完全サポート

女性の転職・求人サイト | RUN-WAY【ランウェイ】

スポンサーリンク

フォローする