ブラック企業の定義と10の特徴! こんな会社は危ない!

ブラック企業とはどんな企業のことを言うのでしょうか?

知名度を増し、今や一般用語としても通用する「ブラック企業」という言葉ですが、実はその定義は明確にはなっていません。

スポンサーリンク

ブラック企業とは

まず、ブラック企業の公式・法的な定義はないことを知っておきましょう。

ただし、ブラック企業と呼ばれる企業に共通する特徴はあります。

企業の労務を取り締まる労働基準監督署を傘下に持つ厚生労働省は、労働条件に関する綜合情報サイトで「ブラック企業ってどんな会社なの?」という質問に以下のように回答しています。

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、

  1. 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  2. 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
  3. このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

などと言われています。

そして、ブラック企業という言葉こそ用いてはいないものの「若者の「使い捨て」が疑われる企業」と定義し、対策を行っています。

ブラック企業の特徴

また、弁護士によるサイト・「今すぐチェック! ブラック企業の10の特徴と見抜く方法」では、ブラック企業の特徴として以下の点を挙げています。

  1. 長時間労働
  2. 休日が少ない / 休暇が取れない
  3. 給料が安い
  4. 残業代が出ない
  5. 謎の雇用契約
  6. 従業員の入れ替わりが激しい
  7. 簡単に入社できる
  8. 社長・上司は絶対
  9. パワハラ・セクハラが多い
  10. 精神論がよく出てくる

注意すべき点として、「これらの特徴のすべてが法違反というわけではない」ということです。

上の10の特徴がある企業はもちろん最悪です。

ただ、必ずしもすべてが法違反でないことに、このブラック企業問題のやっかいさがあります。

ブラック企業の特徴と違法性

先程のブラック企業の特徴で、違法となる可能性が高いものを整理すると以下のようになります。

  1. 長時間労働
  2. 休日が少ない / 休暇が取れない【違法の可能性が高い】
  3. 給料が安い
  4. 残業代が出ない【違法の可能性が高い】
  5. 謎の雇用契約【違法の可能性が高い】
  6. 従業員の入れ替わりが激しい
  7. 簡単に入社できる
  8. 社長・上司は絶対
  9. パワハラ・セクハラが多い【違法の可能性が高い】
  10. 精神論がよく出てくる

ちなみに、私が勤めていたブラック企業では、上の特徴のうち、1、4、5、9、10が該当していました。

ブラック企業は長時間労働

ブラック企業と言えば、長時間労働とイメージされるほど関係の深い問題ではありますが、違法性となると実は難しい部分があります。

企業はよく日本の労働法を厳しいと言っていますが、あれは明確に嘘です。

日本の労働時間の規制はゆるゆるな状態

日本の労働時間に関する法律を学んで驚いたのですが、実は日本の残業時間の規制というのはあってないようなものです。

1日8時間、1週間40時間というのが労働時間の規制の原則ですが、36協定+特別条項という摩訶不思議な手法を講じることで残業は青天井で可能になります。

つまり、実質的に、日本の労働者というのは無制限に働かされてしまうのです。

間抜けな企業の手続きミス

最近、残業時間(残業代ではなく)で法違反となり、名称を公表されている企業があります。

あれは36協定を結んでいない、36協定で示した残業時間を超過しているという単なる手続き上のミスです。

法律が厳しいのではなく、単に企業が間抜けなだけです。

ブラック企業によるサービス残業への対応法

ブラック企業は、あくまでも従業員が自主的にしているように見せかけてサービス残業をさせます。

その巧妙な手口と対応法について以下の記事で解説しています。正しい法律知識を知ることで、いかにだまされていたかがわかります。

厚生労働省のガイドラインによると着替えの時間・掃除の時間も労働時間になります。ブラック企業にだまされないために正しい労働時間の知識を身につけておきましょう。

ブラック企業による有給休暇のうそ

ブラック企業は、平気で以下のようなことを言ったりしますが、これはすべて違法です。

  • 忙しいので有給は許可できない
  • 人が少ないので長期の有給は許可できない
  • 有給を取るなら給料を引く
  • 有給を取るなら人事評価を下げる
  • うちの会社には有給はない
  • パート・アルバイトに有給はない
  • 有給は1週間前までに申請しなければ認めない

有給休暇に関するブラック企業の常套手段と正しい法律知識を以下の記事で解説しています。

忙しいので有給は許可できない、有給を取るなら給料を引く、うちの会社には有給はない、パート・アルバイトに有給はない、これらはすべて間違いであり違法です。

ブラック企業の年間休日

年間休日数が100日と聞いたとき、多いと思いますか、それとも少ないと思いますか?

実は年間休日数が105日未満の場合は、法的に見るとブラック企業である可能性が高くなります。なぜ年間休日数105日が最低ラインなのか、以下の記事で法律をかみ砕いて解説しているので参考にしてください。

転職サイトなどに年間休日数が書かれていますが105日未満の場合ブラック企業の可能性が高いため注意しましょう。

ブラック企業によるサービス休日出勤への対応法

ブラック企業は従業員にサービス休日出勤をさせます。

その巧妙な手口と対応法について以下の記事で解説していますので参考にしてください。

ブラック企業が行う休日出勤の手口は巧妙になってきています。その手口と対応法を紹介します。

ブラック企業は残業代が出ない

もう一つのブラック企業のイメージとして代表的なのが、残業代の未払いです。

残業代が出ないというのは、かなりの確率で違法となります。

かなりの確率でと書いたのは、これまた悪しき手法の代表格である固定残業代(みなし残業代)制度を用いることで、基本給の中に一定時間の残業代を組み込むことができるためです。

固定残業代制の悪用

固定残業代制度自体は違法ではありません。ただ、悪用が多いというのが現状です。

固定残業代制度を導入する際には、「○時間の残業代を含む」など、必ず何時間の残業代を含むのかを明確にしておく必要があります。

ブラック企業は、この固定残業代制度を用いて、「80時間の残業代を含む」など過労死基準とされている80時間ギリギリに設定しているという特徴があります。

まさに死ぬ寸前まで使い捨てというブラック企業の特徴がここからも見分けることができます。

まとめると、違法かどうかというより、労働者のことを大事に考えているか、それとも労働者を単に使い捨てと考えているかという点にブラック企業の特徴があると言えます。

ブラック企業と離職率の関係

ブラック企業の大きな特徴の1つが離職率の高さです。

そのため、ブラック企業の見分け方の一つとして、離職率を確認するという方法があります。

実際に離職率の高い業種を調べてみると、まさにブラック企業と取り上げられることの多い業種がワーストで並んでいました。

以下の記事で離職率ワースト5とブラック企業の関係について書いていますので参考にしてください。

ブラック企業の大きな特徴の1つが離職率の高さです。離職率の高い業種とブラック企業が多い業種は本当に一致していることがよくわかります。

ブラック企業に入社しないために正しいクチコミ・評判をチェックする!

ブラック企業は人を使い捨てにします。精神的・肉体的にあなたを追い込んでいきます。うつになってしまったら正常な判断はできなくなります。

まず事前の情報収集、その中で最も大事なのが企業のクチコミのチェックです。

昔は実際に入社しなければわからなかったことが、今の時代、実際に働いている人や過去に働いていた人のクチコミ・評判、さらには年収まで、しかも無料で調べることができます

とはいっても、インターネット上には誤った情報もたくさんあります。正しい情報が掲載されているサイト、例えば10万件の企業のクチコミ情報を企業別に掲載しているキャリコネ転職サービスは信頼できる情報が掲載されています。

登録が面倒? それは違います。登録制にすることで情報の信頼性を高めているわけです。

また、今すぐ転職したいという人でなくても、

  • 今の仕事・給料で良いのか?
  • 安くこき使われていないか?
  • 同業他社の給料はどうだろう?
  • 同業他社の方が給料は高いかも?

といったアンテナを常に張っておくべきです。

月給が1万円上がれば年間12万円も収入が増えます。あなたが物を安く買いたいと思うように、会社はあなたの人件費を少しでも安くしようと考えています

幸い、今は人手不足です。人手不足で倒産する会社さえある状況です。給料を上げている会社は多く存在します。

行動しなければ何も変わりません。まずは自社の待遇・他社の待遇、クチコミ、年収情報を調べることから行動しましょう。

キャリコネ転職サービス

働きながら会社にバレずに転職活動をする方法

転職活動をする上で大事なことは、今の職場をすぐに辞めないことです。

無職というブランク期間があると収入が途絶えますし、焦ってしまってすぐに内定を出すようなブラック企業の罠にはまってしまいます。

また、ブランク期間にマイナスのイメージを持つ採用担当者もいるのでなるべく無職の期間を空けず、かしこく転職活動をしましょう。

そのため、できる限り今の会社で働きながら、次の転職先の内定をもらうことが大事です

とはいっても、働きながら転職活動をする時間はなかなか取れないものです。

そんなときに利用するのが転職サイトです。

ただ、今は様々な転職サイトがあり、求人情報を探すだけでも一苦労です。

そのため、私自身や友人の転職時に役立ったサイトを厳選してお伝えします。

企業からのオファーを待つだけの転職サイト

人材サービス会社の老舗であり、DODAを運営している大手のパーソルキャリア(旧社名はインテリジェンス)が運営するMIIDASは求人情報を探す時間のない方にお勧めです。

他の転職サイトにないMIIDASの特徴は、

  • 登録完了後すぐに書類選考合格済みオファーが届く
  • あなたの市場価値に見合った想定オファー年収がわかる
  • あなたに関心を持っている企業がわかる
  • あなたの希望条件を提示して応募できる
  • 希望条件に合致したオファーのみ通知がくる
  • 氏名、住所は入力不要。メールアドレス、電話番号などの個人情報も非公開なので転職活動がバレない
  • 7万人の転職事例から自分と同じ経歴の人がどんなところに転職できたのか見ることができる

と盛りだくさんです。あまり大きな声では言えませんが、私はMIIDASに登録し、企業からのオファーを受け、年収がどのようになるのかを把握しながら、キャリコネ転職サービスで休みの日に求人情報を探していました(笑)

また、他の転職サイトで登録すると、全く興味のわかない求人情報が毎日のようにメールで来てうっとうしいのですが、MIIDASでは、面接確約の書類選考合格済み、希望条件に合致したメールしか来ません。

「あなたに合った求人」と言っておきながら、どうでもいい情報・ブラック企業と名高い企業の求人情報を容赦なく送りつけてくる某大手の転職サイトとは全く違うところに信頼が置けます。

登録してからは待つだけで良いので、すぐに転職する気がなくても将来の転職に備えてMIIDASに登録しておくことをお勧めします。

MIIDAS

業種別の転職サイトを利用する

転職先として決まった業種がある、または自身のこれまでのキャリアですでに業種が決まっているなら業種別の転職サイトで求人を探す方がお勧めです。

求人している企業の立場で考えるとわかりやすいのですが、企業が転職サイトを利用すると掲載するだけで20-30万円は普通に取られます。高いところだと100万円近くも。

そうするとどの転職サイトに掲載すると最も良い人材に出会えるのかを考える必要がありますし、最も近道となるのが業種別の転職サイトです。

そのためあなたの転職希望先の業種が決まっているなら、業種別サイトに登録しておくことが早道です。

IT系の王道の転職サイト

今やIT系のエンジニアというのはどの会社も人材不足であり引っ張りだこです。

にも関わらず、給料が安く激務でこき使われている人が多い業界でもあります。

業界実績15年、取引企業数3,000社を取り扱うギークスジョブのように採用予定企業から信頼を得ているサイトに登録しましょう。

ギークスジョブ

また、最近「フリーランス」と「正社員」の良いとこ取りをした新しい働き方を提案する「MIDWORKS」という転職サイトには質の良い情報が集まっていると評判になっています。

フリーランスの「フレキシブルな労働時間」「高単価で高収入」と、正社員の「福利厚生の充実」「安定した案件獲得」を実現することで、自由な働き方を自分自身でつくっていくことができます。

保有案件数は3000件以上、平均単価では238万円アップという実績もあるので、まずは登録しておくだけでもお勧めします。

MIDWORKS

女性専用の転職サイトを利用する

一般的な転職サイトでは未だに男性を優先して給料の高い紹介をするところもあります。

ただ、今は法律もあって求人に明確に男性のみ募集・女性のみ募集のように書くことはできませんが、本当は女性が欲しいと思っている会社は意外とたくさんあります

私も元々は友人から教えてもらったのですが、もしあなたが女性なら一般的な転職サイトで男性と競争するのではなく、女性に特化したコンシェルジュが応募書類の添削から面接対応までサポートしてくれる女性の転職・求人サイト「ランウェイ」の利用をお勧めします。

  • 完全女性向けの求人情報
  • 利用/相談は完全無料、相談だけの利用もOK
  • 就業経験が全くのゼロの方でもOK
  • 女性に特化したコンシェルジュが相談に対応
  • 応募書類の添削から面接対応までの完全サポート

女性の転職・求人サイト | RUN-WAY【ランウェイ】

スポンサーリンク

フォローする