ブラック企業対策ガイド

ブラック企業に負けない社会を作るための情報提供サイト

海外から見た日本のブラック企業の問題・日本はこんなに恥ずかしい状況

作成日:
カテゴリー: ブラック企業の特徴

海外では現在の日本のブラック企業問題をどのように捉えているのでしょうか? 調べてみると、日本人としてとても恥ずかしい状況にあることがわかりました。

ブラック企業の問題は、若者の使い捨てであり、会社による搾取です。

搾取というと、産業革命時代の資本家による搾取を思い出しますが、まさしく時代錯誤な状況がこの日本で生じていると言えます。

海外でも有名な日本のブラック企業問題

有名な話ですが「過労死」という言葉はそのまま「Karoshi」と英語で通じます。

死ぬまで働き過ぎるという状況が海外の人には理解できないのです。

Wikipediaではブラック企業を「Black Company-Japanese term」としてそのままの言葉で掲載しています。

A black company (ブラック企業 burakku kigyō), also referred to in English as a black corporation or black business, is a Japanese term for an exploitative sweatshop-type employment system.

While the term "sweatshop" is associated with manufacturing, and the garment trade in particular, in Japan black companies are not necessarily associated with the clothing industry, but more often with office work.

簡単に訳してみると以下のようになります。

ブラック企業(black company)とは、英語では、black corporationやblack businessとも訳せるが、低賃金で搾取する雇用システムを示す日本語のことである。

「sweatshop」という用語は、低賃金で搾取する工場を示しており、製造業に関連して生まれた用語であるが、日本のブラック企業では洋服産業に限らず、主にオフィス業務に関連している。

低賃金で搾取する日本の雇用システム」として紹介されているんです。日本人として、まさに恥ずべきことです。

ブラック企業は日本のビジネスの醜い一面

また、このブラック企業問題について「black company」で検索してみると「Black Companies? The Ugly Side Of Japanese Business・ブラック企業? 日本のビジネスの醜い一面」などが出てきます。

日本企業の雇用システムの特徴をよく捉えていますので引用します。「日本のビジネスの醜い一面」というタイトル、まさにその通りです。

「ブラック企業」とは、法律上の用語ではなく、一般的に、長時間労働、パワーハラスメント、残業代の不払いなど違法な労働慣行が横行している搾取的な企業のことを指して用いられている。

このような労働搾取企業は チャールズ・ディケンズ(1812-1870)の靴墨工場での屈辱を彷彿とさせる。

「労働搾取企業」「屈辱を彷彿とさせる」日本企業がまさに歴史に逆行していることを示す秀逸な一節です。そして、記事は以下のように続いていきます。

ブラック企業問題は、長時間労働から生じる病気や過労死の要因の1つともなっている。

日本企業は、従業員に長時間労働を求めることで知られている。しかし、一方で、従業員に適切な給与を支払い、出世の機会を与え、高度な雇用確保を保証している。

ブラック企業は、長時間労働に釣り合うこれらの利益を提供しない。ブラック企業は、3つのカテゴリーに分類される。

1つは「使い捨て型」で、長時間労働、低賃金で従業員を酷使する企業である。2つ目は「選択型」で、大量に採用して、企業が本当に欲しい少数名を除き大量に辞めさせる企業である。3つ目は「無秩序型」で、セクシャルハラスメントなどの職権濫用行為が横行する企業である。

この記事を読んでいて感じたのは、大きく報道されるようなブラック企業というのは、この3つのカテゴリーのすべてを網羅する、いわば「完全ブラック企業」ということなのでしょう。

ブラック企業 = Black companyは間違い?

ちなみに「オックスフォードが教えてくれた日本のブラック企業問題が世界から理解されない理由」という記事で紹介されていますが「Black company」と言うと誤解が生じるようです。

英語圏の人々にとって「Black Enterprise」と言えば、普通はアフリカ系アメリカ人が経営する企業のことを指す。また「Black Company」と言えば、アメリカで長年続くフィクション小説シリーズのタイトルだ。同じ黒でもとんだ黒違いであるので、ご注意を。

確かに指摘されてみると誤解のある表現になりそうです。

海外の人がブラック企業のことを「Black company」と言っているのを聞いたことがありますが、それは日本のブラック企業問題を知っているから、そのように表現していたのかもしれません。

参考:ブラック企業の10の特徴と見分け方

企業を見分ける方法、そしてあなたの真の価値を知るためには?

本サイトではブラック企業の特徴・見分け方を紹介していますが、最後はあなた自身で判断するしかありません。

また、今すぐ転職したいという人でなくても、アンテナは常に張っておくべきです。

転職には時間がかかりますし、そもそも自分の市場価値がどのくらいなのかを客観的に知ることも重要です。

17万人の転職データから、あなたの市場価値を測定してくれるのがMIIDAS(ミイダス)です。

MIIDASを利用すれば、あなたと同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができます。そして、2000以上の求人中の会社から、あなたにオファーが届きます。

こちらも登録は無料です。転職を考えていなくても、まずはあなた自身の価値を客観的に知ってみませんか?

市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!