ブラック企業の巧妙な休日出勤の手口とその対応法

ブラック企業の特徴と言えば、長時間労働と休日出勤。

行政がブラック企業を「若者を使い捨てにする企業」と呼んでいるように、ブラック企業は他の会社よりも労働者を酷使することで競争力を確保します。

商品やサービスの価値ではなく、労働者の努力と根性、無制限の長時間労働により成り立っているのです。

スポンサーリンク

ブラック企業の休日出勤の巧妙な手口

ブラック企業といっても、ブラックな働き方を押しつける上司や先輩がいなければ、ブラック企業は成立しません。

つまり、ブラック企業には従業員を酷使しようとするブラック社長だけでなく、ブラック上司がいるのです。

ここにブラック企業の巧妙な手口である「サービス休日出勤」が生まれます。

ブラック企業は、土日など休日をきちんと設定した上で、あくまで従業員が自主的に出勤したという形にして休日出勤をさせます。

  • 仕事量を増やす
  • 時間内に終わらなかったのは従業員自身の責任
  • 指示された仕事を終えるのは社会人として当然の責任

こうやって洗脳していき、まるで従業員自身が希望して休日出勤を行っているように仕向けていきます。

残業から休日出勤にシフトしているブラック企業の手口

ブラック企業の問題というのは数年前からありましたが、世論が大きく残業ゼロにシフトしてきたきっかけは、昨年の大手広告代理店・電通の若手社員の過労自殺です。

電通に勤めている友人がいるのですが、さすがにあれほど叩かれて会社側も懲りたらしく、夜の決められた時間になると一斉消灯などの対策を行っているそうです。

ただ、仕事量は減っていないらしく、そうすると家に持ち帰って仕事をするか、休日出勤をするしかないわけです。

そして休日出勤は、上で説明したように、従業員の任意という形にしておけば、会社による指示ではないため、残業代も払わなくて済むという、まさに会社側にとって一石二鳥の結果になっているのです。

ブラック企業によるサービス休日出勤への対応法

勤務時間をメモしておく

ブラック企業と戦う際に共通して大事な点となるのは、以下のように働いた時間をきちんとメモしておくことです。

  • ○○年○月○日 ○時○分〜○時○分勤務

ブラック企業も巧妙になっており、サービス残業やサービス休日出勤を隠すために、うそのタイムカードを準備しています。

そのタイムカードがうそだらけの情報ということを労基署に示すためにも、メモが重要になります。

そして、うそのタイムカードを準備しているという行為により、ブラック企業の悪質性が際立ちます。

また、いつも断ることは難しいでしょうが、休日出勤を断り、ブラック上司に休日出勤を命令させる、そしてその事実を録音・メモすることも効果的です。

労働時間の定義を理解しておく

厚生労働省が示しているガイドラインでは、

  • 労働時間とは、使用者の指揮命令下に置かれている時間のことをいい、使用者の明示又は黙示の指示により労働者が業務に従事する時間

と定義しています。そして、客観的に見て使用者の指揮命令下に置かれていると評価されるかどうかは、労働者の行為が使用者から義務づけられ、又はこれを余儀なくされていた等の状況の有無等から、個別具体的に判断されるとも言っています。

また、ガイドラインでは以下の具体例を示し、これらは労働時間であると明確にしています。

  • 使用者の指示により、就業を命じられた業務に必要な準備行為(着用を義務付けられた所定の服装への着替え等)や業務終了後の業務に関連した後始末(清掃等)を事業場内において行った時間
  • 使用者の指示があった場合には即時に業務に従事することを求められており、労働から離れることが保障されていない状態で待機等している時間(いわゆる「手待時間」)
  • 参加することが業務上義務づけられている研修・教育訓練の受講や、使用者の指示により業務に必要な学習等を行っていた時間

この中で重要なのは、明示的な指示だけでなく、黙示的な指示により業務を行う時間も労働時間と認められるという点です。

そのため「休日出勤できないんです。」と言っておき、ブラック上司から「仕事が終わってないのはお前の責任なんだから、休日出勤しないと仕方がないだろ」と言わせておけばOKです。

これは明確な指示ではありませんが、黙示的な指示になります。このやり取りをしっかりメモしておきましょう。

電通の事件の中で、以下の鬼十則のフレーズはとても有名になりました。

  • 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。

このフレーズはブラック企業と戦うときにも参考になります。容赦せず、戦うと決めたら、ブラック企業のすべての問題行為をメモして、一緒に戦ってくれる人たちに渡しましょう。

ブラック企業に入社しないために正しいクチコミ・評判をチェックする!

ブラック企業は人を使い捨てにします。精神的・肉体的にあなたを追い込んでいきます。うつになってしまったら正常な判断はできなくなります。

まず事前の情報収集、その中で最も大事なのが企業のクチコミのチェックです。

昔は実際に入社しなければわからなかったことが、今の時代、実際に働いている人や過去に働いていた人のクチコミ・評判、さらには年収まで、しかも無料で調べることができます

とはいっても、インターネット上には誤った情報もたくさんあります。正しい情報が掲載されているサイト、例えば10万件の企業のクチコミ情報を企業別に掲載しているキャリコネ転職サービスは信頼できる情報が掲載されています。

登録が面倒? それは違います。登録制にすることで情報の信頼性を高めているわけです。

また、今すぐ転職したいという人でなくても、

  • 今の仕事・給料で良いのか?
  • 安くこき使われていないか?
  • 同業他社の給料はどうだろう?
  • 同業他社の方が給料は高いかも?

といったアンテナを常に張っておくべきです。

月給が1万円上がれば年間12万円も収入が増えます。あなたが物を安く買いたいと思うように、会社はあなたの人件費を少しでも安くしようと考えています

幸い、今は人手不足です。人手不足で倒産する会社さえある状況です。給料を上げている会社は多く存在します。

行動しなければ何も変わりません。まずは自社の待遇・他社の待遇、クチコミ、年収情報を調べることから行動しましょう。

キャリコネ転職サービス

働きながら会社にバレずに転職活動をする方法

転職活動をする上で大事なことは、今の職場をすぐに辞めないことです。

無職というブランク期間があると収入が途絶えますし、焦ってしまってすぐに内定を出すようなブラック企業の罠にはまってしまいます。

また、ブランク期間にマイナスのイメージを持つ採用担当者もいるのでなるべく無職の期間を空けず、かしこく転職活動をしましょう。

そのため、できる限り今の会社で働きながら、次の転職先の内定をもらうことが大事です

とはいっても、働きながら転職活動をする時間はなかなか取れないものです。

そんなときに利用するのが転職サイトです。

ただ、今は様々な転職サイトがあり、求人情報を探すだけでも一苦労です。

そのため、私自身や友人の転職時に役立ったサイトを厳選してお伝えします。

企業からのオファーを待つだけの転職サイト

人材サービス会社の老舗であり、DODAを運営している大手のパーソルキャリア(旧社名はインテリジェンス)が運営するMIIDASは求人情報を探す時間のない方にお勧めです。

他の転職サイトにないMIIDASの特徴は、

  • 登録完了後すぐに書類選考合格済みオファーが届く
  • あなたの市場価値に見合った想定オファー年収がわかる
  • あなたに関心を持っている企業がわかる
  • あなたの希望条件を提示して応募できる
  • 希望条件に合致したオファーのみ通知がくる
  • 氏名、住所は入力不要。メールアドレス、電話番号などの個人情報も非公開なので転職活動がバレない
  • 7万人の転職事例から自分と同じ経歴の人がどんなところに転職できたのか見ることができる

と盛りだくさんです。あまり大きな声では言えませんが、私はMIIDASに登録し、企業からのオファーを受け、年収がどのようになるのかを把握しながら、キャリコネ転職サービスで休みの日に求人情報を探していました(笑)

また、他の転職サイトで登録すると、全く興味のわかない求人情報が毎日のようにメールで来てうっとうしいのですが、MIIDASでは、面接確約の書類選考合格済み、希望条件に合致したメールしか来ません。

「あなたに合った求人」と言っておきながら、どうでもいい情報・ブラック企業と名高い企業の求人情報を容赦なく送りつけてくる某大手の転職サイトとは全く違うところに信頼が置けます。

登録してからは待つだけで良いので、すぐに転職する気がなくても将来の転職に備えてMIIDASに登録しておくことをお勧めします。

MIIDAS

業種別の転職サイトを利用する

転職先として決まった業種がある、または自身のこれまでのキャリアですでに業種が決まっているなら業種別の転職サイトで求人を探す方がお勧めです。

求人している企業の立場で考えるとわかりやすいのですが、企業が転職サイトを利用すると掲載するだけで20-30万円は普通に取られます。高いところだと100万円近くも。

そうするとどの転職サイトに掲載すると最も良い人材に出会えるのかを考える必要がありますし、最も近道となるのが業種別の転職サイトです。

そのためあなたの転職希望先の業種が決まっているなら、業種別サイトに登録しておくことが早道です。

IT系の王道の転職サイト

今やIT系のエンジニアというのはどの会社も人材不足であり引っ張りだこです。

にも関わらず、給料が安く激務でこき使われている人が多い業界でもあります。

業界実績15年、取引企業数3,000社を取り扱うギークスジョブのように採用予定企業から信頼を得ているサイトに登録しましょう。

ギークスジョブ

また、最近「フリーランス」と「正社員」の良いとこ取りをした新しい働き方を提案する「MIDWORKS」という転職サイトには質の良い情報が集まっていると評判になっています。

フリーランスの「フレキシブルな労働時間」「高単価で高収入」と、正社員の「福利厚生の充実」「安定した案件獲得」を実現することで、自由な働き方を自分自身でつくっていくことができます。

保有案件数は3000件以上、平均単価では238万円アップという実績もあるので、まずは登録しておくだけでもお勧めします。

MIDWORKS

女性専用の転職サイトを利用する

一般的な転職サイトでは未だに男性を優先して給料の高い紹介をするところもあります。

ただ、今は法律もあって求人に明確に男性のみ募集・女性のみ募集のように書くことはできませんが、本当は女性が欲しいと思っている会社は意外とたくさんあります

私も元々は友人から教えてもらったのですが、もしあなたが女性なら一般的な転職サイトで男性と競争するのではなく、女性に特化したコンシェルジュが応募書類の添削から面接対応までサポートしてくれる女性の転職・求人サイト「ランウェイ」の利用をお勧めします。

  • 完全女性向けの求人情報
  • 利用/相談は完全無料、相談だけの利用もOK
  • 就業経験が全くのゼロの方でもOK
  • 女性に特化したコンシェルジュが相談に対応
  • 応募書類の添削から面接対応までの完全サポート

女性の転職・求人サイト | RUN-WAY【ランウェイ】

スポンサーリンク

フォローする