厚労省が全国334件のブラック企業の実名を公表!

ブラック企業の問題がクローズアップされ、その悪質極まりない実態が明らかになり、行政もようやくブラック企業の実名を公表するという決断を下してくれました。

スポンサーリンク

国がブラック企業の実名を公表

2017年5月、厚生労働省が、長時間労働や賃金不払いなど労働関係法令に違反した疑いで送検された企業などのリストを一覧にして公表しました。

5月に公表されたリストは、2016年10月〜2017年3月の間に送検された全国334件分の企業・事業場名、違反内容などを都道府県別にまとめたものです。

しかし、半年間で334件の送検とは、ものすごい数です。送検というのは刑事事件として起訴できる材料がそろっているものでしょうから、間違いなく悪質な企業の集まりということです。

これが日本の労働環境の現実ということがよくわかります。

このリストは毎月更新されることになっており、送検を公表した日から1年間、厚生労働省の公式サイトの以下のURLで掲載されます。

参考:長時間労働に向けた取組(厚生労働省ウェブサイト)

求職者にありがたいブラック企業の実名公表

求職者にとってこの決断はとてもありがたいものです。

ブラック企業大賞を受賞するような企業は、ブラック企業の中でも飛びきりの大物であり、まだまだ世の中にはブラック企業が溢れているはずです。

そのため、我々求職者は、求人広告、インターネット上のクチコミ情報などを調べ、最後には入社してみないとわからないというリスクを抱えた決断をせざるをえませんでした。まだまだ企業の内情まで、外からはわかりません。

しかし、行政が認めたブラック企業のリストが公表されたことにより、求職者は安心して、これらの企業への入社を辞めることができます。

ちなみにブラック企業大賞の歴代受賞企業は以下の記事でまとめています。

ブラック企業を社会から撲滅するために大事なことはブラック企業と名指しされた企業を忘れないことです。

ブラック企業の実名リストの活用法

今回の厚生労働省の決断は歓迎すべき内容ですが、注意点があります。

それは厚生労働省が発表した以下の部分です。

全国の送検事案及び局長指導事案をとりまとめ、毎月定期に本省のホームページに掲載するものとする。

掲載期間は、公表日から概ね1年間とし、公表日から1年が経過し最初に到来する月末にホームページから削除するものとする。

1年が経過したらリストからブラック企業の実名が削除されてしまうのです(怒)

そもそもPDFデータで見にくいし、データベース化して掲載した方が利便性が高いのに・・・

と思っていたら、都道府県や違反法令別などで一覧・検索できるウェブサイト「ブラック・ブラック企業」というのを発見しました。

この情報を取り上げてくれた記事によると、このウェブサイトを開設したのは、コード・フォー・トウキョウ代表で、データビジュアライゼーション(データの可視化)普及活動を行っている矢崎裕一さん。

このような素晴らしいサイトを作ってくれた矢崎さんに感謝しつつ、求職者はブラック企業を華麗に避けながら安心した就職活動をしましょう。

参考:ブラック・ブラック企業

ブラック企業に入社しないために正しいクチコミ・評判をチェックする!

ブラック企業は人を使い捨てにします。精神的・肉体的にあなたを追い込んでいきます。うつになってしまったら正常な判断はできなくなります。

まず事前の情報収集、その中で最も大事なのが企業のクチコミのチェックです。

昔は実際に入社しなければわからなかったことが、今の時代、実際に働いている人や過去に働いていた人のクチコミ・評判、さらには年収まで、しかも無料で調べることができます

とはいっても、インターネット上には誤った情報もたくさんあります。正しい情報が掲載されているサイト、例えば10万件の企業のクチコミ情報を企業別に掲載しているキャリコネ転職サービスは信頼できる情報が掲載されています。

登録が面倒? それは違います。登録制にすることで情報の信頼性を高めているわけです。

また、今すぐ転職したいという人でなくても、

  • 今の仕事・給料で良いのか?
  • 安くこき使われていないか?
  • 同業他社の給料はどうだろう?
  • 同業他社の方が給料は高いかも?

といったアンテナを常に張っておくべきです。

あなたがパートやバイトの場合でも同じです。ブラック企業はパートやバイトにもブラックな働き方を強制します。

月給が1万円上がれば年間12万円も収入が増えます。あなたが物を安く買いたいと思うように、会社はあなたの人件費を少しでも安くしようと考えています

幸い、今は人手不足です。人手不足で倒産する会社さえある状況です。給料を上げている会社は多く存在します。

行動しなければ何も変わりません。何より登録は無料です。まずは自社の待遇・他社の待遇、クチコミ、年収情報を調べることから行動しましょう。

キャリコネ転職サービス

女性専用の転職サイトを利用する

一般的な転職サイトでは未だに男性を優先して給料の高い紹介をするところもあります。

ただ、今は法律もあって求人に明確に男性のみ募集・女性のみ募集のように書くことはできませんが、本当は女性が欲しいと思っている会社は意外とたくさんあります

私も元々は友人から教えてもらったのですが、もしあなたが女性なら一般的な転職サイトで男性と競争するのではなく、女性に特化したコンシェルジュが応募書類の添削から面接対応までサポートしてくれる女性の転職・求人サイト「ランウェイ」の利用をお勧めします。

  • 完全女性向けの求人情報
  • 利用/相談は完全無料、相談だけの利用もOK
  • 就業経験が全くのゼロの方でもOK
  • 女性に特化したコンシェルジュが相談に対応
  • 応募書類の添削から面接対応までの完全サポート

女性の転職・求人サイト | RUN-WAY【ランウェイ】

スポンサーリンク

フォローする