ブラック企業と戦うときに役立つ証拠の集め方

ブラック企業で働いている場合、長時間労働、残業代の未払い、パワハラなどのハラスメント、ノルマ未達成の罰金、退職時の対応など、揉めることが多くなります。

違法なことであれば労働基準監督署、場合によっては弁護士に支援を求めることになります。

そんなときに重要になるのが「証拠」ですが、何より第三者が見たときにも納得できる客観的な証拠が重要です。

スポンサーリンク

ブラック企業と戦うときに役立つ証拠は?

単なる記憶だけでは、証拠としては不十分です。

できる限り、客観的な証拠、文書や録音情報が集めておくことが後々役に立ちます。

そのときに知っておきたいのが、ブラック企業側、これには社長や管理職、他の社員も含みますが、何を言われたのか、どんなことをされたのか、それを自分の手帳にしっかりデータとしてメモを残しておくことが大切です。

メモを残す際には、5W1H(誰が・いつ・どこで・何を・なぜ・どのように)を意識して、例えば以下のように具体的に書いておくと、第三者にも理解しやすくなります。

  • ××さんから(誰が)
  • ○○年○月○日(いつ)
  • xxで(どこで)
  • ~~するよう命令され(何を)
  • ~~の理由で断ると~~と脅された(なぜ、どのように)

また、メモを何に書いておけばよいのかという点については何でも構いません。ただし、後で容易に修正できるようなPCやスマホのデータよりも手書きで日時とともに書いておく方が証拠能力が高くなります。

証拠というのは多ければ多いほど有利になります。役に立つ・役に立たないは、専門家が判断してくれますので、できる限り集めておきましょう。

また、求人票、雇用契約書、就業規則などブラック企業側が持っている資料も役立ちます。ただ、ブラック企業側も巧妙に情報を隠すので、その際は、スマホなどで写真を撮っておきましょう。

ブラック企業と戦うときに役立つ証拠能力の高いもの

以下の書類・データは、長時間労働、残業代の未払い、パワハラなどのハラスメント、ノルマ未達成の罰金、退職時の対応、あらゆる問題に共通して役立ちます。

  • 求人票
  • 面接時の録音データ
  • 契約書
  • 就業規則

長時間労働、残業代未払い、罰金などのトラブルに役立つ証拠

また、長時間労働、残業代未払い、罰金などについては以下の書類・データが役立ちます。メモを書くときには、必ず、問題が生じた日時も書いておくようにしましょう。

  • メモ
  • タイムカードコピー
  • 給与明細
  • 電話・メール履歴
  • SNS(Line、Twitter、facebook等)
  • 携帯カメラでの撮影
  • 罰金金額がわかるもの(メモ等)

パワハラ・セクハラなどのトラブルに役立つ証拠

パワハラやセクハラなどのハラスメントは言った・言わないの争いになりがちです。

メモを残す際には、ハラスメントを受けた日時だけでなく、どう感じたかという感情の部分も書いておきましょう。

  • ICレコーダー、携帯電話の録音アプリでの録音データ
  • 面接時の録音データ
  • メール等
  • メモ(いつ・どこで・誰に・何をされ・どう感じたか)

急なシフト変更などのトラブルに役立つ証拠

ブラックバイトでは急なシフト変更などもよくあります。

シフト変更の強要などもよくありますので、メールやLINEなどの記録も削除せず残しておきましょう。電話の場合には、すぐに日時・内容をメモしておいてください。

  • シフト申請書
  • シフト表
  • 契約書
  • 電話、メール、店員同士のLine

なお、ブラックバイトの特徴とその対処法については以下の記事でまとめています。

学生やフリーターの弱い立場につけこみ社員並みの責任を押し付けノルマまで課すブラックバイトの問題が急増しています。ブラックバイトのよくある15の特徴とその対策・相談先を紹介します。

参考:トラブルに遭った時に役立つ証拠(ブラックバイトユニオン)

ブラック企業に入社しないために正しいクチコミ・評判をチェックする!

ブラック企業は人を使い捨てにします。精神的・肉体的にあなたを追い込んでいきます。うつになってしまったら正常な判断はできなくなります。

まず事前の情報収集、その中で最も大事なのが企業のクチコミのチェックです。

昔は実際に入社しなければわからなかったことが、今の時代、実際に働いている人や過去に働いていた人のクチコミ・評判、さらには年収まで、しかも無料で調べることができます

とはいっても、インターネット上には誤った情報もたくさんあります。正しい情報が掲載されているサイト、例えば10万件の企業のクチコミ情報を企業別に掲載しているキャリコネ転職サービスは信頼できる情報が掲載されています。

登録が面倒? それは違います。登録制にすることで情報の信頼性を高めているわけです。

また、今すぐ転職したいという人でなくても、

  • 今の仕事・給料で良いのか?
  • 安くこき使われていないか?
  • 同業他社の給料はどうだろう?
  • 同業他社の方が給料は高いかも?

といったアンテナを常に張っておくべきです。

あなたがパートやバイトの場合でも同じです。ブラック企業はパートやバイトにもブラックな働き方を強制します。

月給が1万円上がれば年間12万円も収入が増えます。あなたが物を安く買いたいと思うように、会社はあなたの人件費を少しでも安くしようと考えています

幸い、今は人手不足です。人手不足で倒産する会社さえある状況です。給料を上げている会社は多く存在します。

行動しなければ何も変わりません。何より登録は無料です。まずは自社の待遇・他社の待遇、クチコミ、年収情報を調べることから行動しましょう。

キャリコネ転職サービス

女性専用の転職サイトを利用する

一般的な転職サイトでは未だに男性を優先して給料の高い紹介をするところもあります。

ただ、今は法律もあって求人に明確に男性のみ募集・女性のみ募集のように書くことはできませんが、本当は女性が欲しいと思っている会社は意外とたくさんあります

私も元々は友人から教えてもらったのですが、もしあなたが女性なら一般的な転職サイトで男性と競争するのではなく、女性に特化したコンシェルジュが応募書類の添削から面接対応までサポートしてくれる女性の転職・求人サイト「ランウェイ」の利用をお勧めします。

  • 完全女性向けの求人情報
  • 利用/相談は完全無料、相談だけの利用もOK
  • 就業経験が全くのゼロの方でもOK
  • 女性に特化したコンシェルジュが相談に対応
  • 応募書類の添削から面接対応までの完全サポート

女性の転職・求人サイト | RUN-WAY【ランウェイ】

スポンサーリンク

フォローする