着替えも労働時間? ブラック企業にだまされないための法律知識

着替えの時間も労働時間になると知っていますか?

ブラック企業の特徴に長時間労働、残業といった労働時間は問題となりますが、ブラック企業側にも

  • 知っていてあえて無視している
  • 単に知らない

といった2パターンあります。労働者も、どこからどこまでが労働時間になるのかという正しい法律の知識を知っておくことが、ブラック企業にだまされないためにも重要です。

スポンサーリンク

労働時間の定義

厚生労働省が示しているガイドラインでは、

  • 労働時間とは、使用者の指揮命令下に置かれている時間のことをいい、使用者の明示又は黙示の指示により労働者が業務に従事する時間

と定義しています。そして、客観的に見て使用者の指揮命令下に置かれていると評価されるかどうかは、以下について個別具体的に判断されるとされています。

  • 労働者の行為が使用者から義務づけられている
  • 又はこれを余儀なくされていた等の状況の有無等

労働時間に該当する具体例

また、ガイドラインでは以下の具体例を示し、これらは労働時間であると明確にしています。

  • 使用者の指示により、就業を命じられた業務に必要な準備行為(着用を義務付けられた所定の服装への着替え等)や業務終了後の業務に関連した後始末(清掃等)を事業場内において行った時間
  • 使用者の指示があった場合には即時に業務に従事することを求められており、労働から離れることが保障されていない状態で待機等している時間(いわゆる「手待時間」)
  • 参加することが業務上義務づけられている研修・教育訓練の受講や、使用者の指示により業務に必要な学習等を行っていた時間

わかりやすく書くと以下のような時間は労働時間になるということです。

  • 作業着や仕事着が決まっているときの着替えの時間
  • 業務終了前後の掃除の時間
  • 昼食などの休憩中に行う電話当番の時間
  • 参加が義務の研修時間

さも自主的に、そして当たり前のようにサービス的にさせられているこれらの時間は、実は労働時間であることを国が認めています。

明確な指示がなくても労働時間

また、先程の労働時間の定義のように、明示的な指示だけでなく、黙示的な指示により業務を行う時間も労働時間になります。

掃除の時間や電話当番の時間について、上司による明確な指示がなくても、周囲が当たり前のようにやっていて、それを上司が放置していれば、黙示的な指示があったことになります。

会社が労働時間でない思うのであれば、きちんとそれは任意のものであり、義務ではないことを明示しなければならないのです。これは労働者側でなく、会社側の義務です。

ブラック企業によるサービス残業への対応法

ブラック企業は労働時間を曖昧にしておきます。それにより労働者にサービス残業をさせます。

そのため労働者は以下のことについてきちんとメモしておくことが大事です。

  • ○○年○月○日 ○時○分〜○時○分勤務
  • どのような業務を行ったか
  • どのような指示があったのか

ブラック企業も巧妙になっており、サービス残業を隠すために、うそのタイムカードを準備しています。

そのタイムカードがうそだらけの情報ということを労基署に示すためにも、メモが重要になります。

そして、うそのタイムカードを準備しているという行為により、ブラック企業の悪質性が際立ちます。

このようにして自己防衛をしておかなければ、ブラック企業は労働者を使い捨てにします。

以下の記事でも書きましたが、ブラック企業の特徴を知った上で、自分の身を守るためにも正しい法律知識を理解しておきましょう。

  1. 長時間労働
  2. 休日が少ない / 休暇が取れない
  3. 給料が安い
  4. 残業代が出ない
  5. 謎の雇用契約
  6. 従業員の入れ替わりが激しい
  7. 簡単に入社できる
  8. 社長・上司は絶対
  9. パワハラ・セクハラが多い
  10. 精神論がよく出てくる
ブラック企業の定義、ブラック企業に共通する10の特徴を明らかにします。

ブラック企業に入社しないために正しいクチコミ・評判をチェックする!

ブラック企業は人を使い捨てにします。精神的・肉体的にあなたを追い込んでいきます。うつになってしまったら正常な判断はできなくなります。

まず事前の情報収集、その中で最も大事なのが企業のクチコミのチェックです。

昔は実際に入社しなければわからなかったことが、今の時代、実際に働いている人や過去に働いていた人のクチコミ・評判、さらには年収まで、しかも無料で調べることができます

とはいっても、インターネット上には誤った情報もたくさんあります。正しい情報が掲載されているサイト、例えば10万件の企業のクチコミ情報を企業別に掲載しているキャリコネ転職サービスは信頼できる情報が掲載されています。

登録が面倒? それは違います。登録制にすることで情報の信頼性を高めているわけです。

また、今すぐ転職したいという人でなくても、

  • 今の仕事・給料で良いのか?
  • 安くこき使われていないか?
  • 同業他社の給料はどうだろう?
  • 同業他社の方が給料は高いかも?

といったアンテナを常に張っておくべきです。

あなたがパートやバイトの場合でも同じです。ブラック企業はパートやバイトにもブラックな働き方を強制します。

月給が1万円上がれば年間12万円も収入が増えます。あなたが物を安く買いたいと思うように、会社はあなたの人件費を少しでも安くしようと考えています

幸い、今は人手不足です。人手不足で倒産する会社さえある状況です。給料を上げている会社は多く存在します。

行動しなければ何も変わりません。何より登録は無料です。まずは自社の待遇・他社の待遇、クチコミ、年収情報を調べることから行動しましょう。

キャリコネ転職サービス

女性専用の転職サイトを利用する

一般的な転職サイトでは未だに男性を優先して給料の高い紹介をするところもあります。

ただ、今は法律もあって求人に明確に男性のみ募集・女性のみ募集のように書くことはできませんが、本当は女性が欲しいと思っている会社は意外とたくさんあります

私も元々は友人から教えてもらったのですが、もしあなたが女性なら一般的な転職サイトで男性と競争するのではなく、女性に特化したコンシェルジュが応募書類の添削から面接対応までサポートしてくれる女性の転職・求人サイト「ランウェイ」の利用をお勧めします。

  • 完全女性向けの求人情報
  • 利用/相談は完全無料、相談だけの利用もOK
  • 就業経験が全くのゼロの方でもOK
  • 女性に特化したコンシェルジュが相談に対応
  • 応募書類の添削から面接対応までの完全サポート

女性の転職・求人サイト | RUN-WAY【ランウェイ】

スポンサーリンク

フォローする